daidogei_banner

WACCA でワッカ!! 音楽とジャグリング(11/21)

観覧無料!!!!

シンガーソングライター逢坂泰清のミニライブ、
そして目黒陽介と宮野玲によるリングを使ったジャグリングをお愉しみください。

〇 日程 11 月21 日(土)
〇 会場 1F STAGE
〇 時間 15:00 ~ 16:00
15:00 ~ 15:15 逢坂泰清× イーガル
15:30 ~ 15:50 目黒陽介× 宮野玲× イーガル
※ オープンスペースでのライブにつき、混雑状況により、
入場規制等で観覧頂けない可能性がございます。

〇 出演者
目黒陽介
1985年生まれ。ジャグラー。ながめくらしつ主宰。
14歳でジャグリングを始め、17歳より大道芸やフェスティバル、舞台やライブハウス等に出演。
ソロ、アコーディオン弾き・小春とのユニット「プラノワ」として活動。ボール、ディアボロ、リング等またはオリジナルの道具を使った音楽との融合性の高いジャグリングのパフォーマンスには定評がある。またジャグリング講師としての経験も多く、初心者から競技者、タレントまで幅広い対象に合わせた指導を行っている。
2008年より自身が演出・構成を務めるジャグリング&音楽集団・ながめくらしつを結成し、これまでに5作品7公演を行う。2012年には国内外のアーティスト13名が出演した創作サーカス『100年サーカス(香川県)』の演出を手がけるほか、ミュージシャンとの即興パフォーマンスにも取り組むなど、ジャグリングと音楽を軸にしたさまざまな表現を模索している。
2013年10月よりエアリアルアーティスト・長谷川愛実とのユニット「うつしおみ」としても活動中。

宮野玲
1987年生まれ。13歳より独学でジャグリングを始め、JJF(ジャグリング全国大会)2010で審査員特別賞、2011でチーム部門3位入賞。大学卒業後は「100年サーカス」、AAPA「見えなくなるだけで消えない」ほか、舞台・ライブを中心にジャグラーとして活動中。2012年よりジャグリング&音楽集団・ながめくらしつに参加。

逢坂泰清
1999年BMGJAPANよりデビュー。
数枚のシングル ミニアルバムを発表。ラジオ 音楽番組の司会などもする。時は流れても音楽活動は自主的に行い、2005年にインド放浪の旅へ出て衝撃を受けヨーガ哲学などにも目覚める。 そこで構想を練ってつくりあげたフルアルバムを 帰国し製作した「もののあはれ」を2006年に発表。 ワンマンライブなどを人の力を借りて成功させる。
人やこの世にあるものは、みーんな本来 海のように一つなのだけど、、今は雫のようにバラバラに孤独を感じないといけない。 でも音楽はその元々の一つに心が帰れる場所だという想いから「僕等は見えない音で繋がってる。」 というテーマを掲げて、ジックリと只今邁進中♪
作詞家としてSMAPのアルバムに作詞の<IDEA ハッピートレインなど> 楽曲提供をおこなう。

イーガル
東京生まれ。バークリー音楽院にて学位取得。作曲家、ピアニスト。
作品が日本をはじめアメリカ、カナダ、台湾など国内外のコンサートで演奏される一方、バレエ、演劇、映画などにも音楽を提供。作品展は既成のホールに留まらず様々な場所で行われ、その先鋭性と伝統性が共存する音楽が高く評価されている。
2004年アメリカで初演されたピアノ、クラリネット、三味線弾き語りのための「ベルガモツトの香料」で評価をされ、2005年、2010年には蒲田アプリコにてバレエ作品を作曲/指揮で初演、2009年映画「美代子阿佐ヶ谷気分」に音楽提供、ピアニストとして明治神宮参集殿においてソロ公演を行った。現代音楽の作曲家としての活動と並行してイーガルの名前で演奏活動、楽曲提供を行い、ラジオ、テレビ、雑誌でも取りあげられている。ソニーオーディオ大賞優秀賞、JSCM作曲賞入選など。

〇 お問い合わせ
info@takekiygalmuto.com