池袋住民が紹介する 本当は教えたくない「秘密基地」のようなカフェ

「ちょっと疲れたから、どこかで休憩しよう……でもどこもいっぱいで入れない!!」

池袋でお買い物や用事を済ませたとき、こんな風に困ったことはありませんか?

池袋は、とても便利な街です。駅をぐるりと囲むように百貨店やデパートがひしめき、少し歩くと家電量販店や大型書店が軒を連ねています。

「映画の帰りにお洋服と本を買いに行こう。あ、そういえば電球が切れそうだからそれも買わなきゃ!」みたいなわがままにも難なく応えられるのが池袋です。

しかも交通の便が非常に良いです。都内はもちろん、埼玉や横浜に乗り換えなしで行くことができます。学校や職場の帰りに池袋へ寄り道する方も大勢いるのではないでしょうか。

ただ、池袋にはひとつだけ難点があります。

池袋は人が集まりやすいため、どうしても「カフェ難民」になりやすいのです。

池袋にはカフェもたくさんあるのですが、空いていたとしても次々と人が押し寄せるため落ち着けず、ゆっくり休憩がしにくいのです。

そんなカフェ探しにお困りの方へ、池袋住民の筆者がおすすめしたい「秘密基地」のようなカフェがあります。

◎東池袋 カフェ「KAKULULU」

カフェ探しに困ったときは、思い切って少し歩いてみることをおすすめします。

WACCA池袋のある池袋駅東口から徒歩12分、池袋サンシャインや有楽町線東池袋駅から徒歩3分のところに、お目当てのカフェ「KAKULULU」があります。

大きな木が目印の、ツタがからまっている建物。こちらが「KAKULULU」です。

名前の通り、「隠れ家」のような雰囲気があります。

筆者が訪れたのは土曜日のランチタイム。看板には3種類のランチメニューが書かれています。ムケッカってなんだ……?

店内に入ると、2階を案内されました。

壁一面の本棚とピアノに目を惹かれます。

それぞれの席が適度に離れていて、それぞれの空間を邪魔しないようなつくりになっています。

天井にはフクロウのモビールが飾られていて、心が和みます。

メニューで気になっていた「ムケッカ」を注文。

ムケッカとはブラジルの料理で、トマト、ココナッツ、魚介を煮込んだシチューです。お好みでライムを絞って、ごはんと一緒にいただきます。

優しい味なのにコクのある、ここでしか味わえない絶品です。

なぜブラジル料理なのかというと、店主がもともとブラジル音楽をされていて、本場のムケッカに感動したからなのだそうです。

壁一面の本棚の一部には大量のレコードが置かれ、その脇にはCDを販売するコーナーが設けられていました。

「KAKULULU」はカフェとしての営業だけでなく、夜も23時まで営業し、美味しいごはんとお酒を楽しむことができます。また、地下一階をギャラリーにしたり、2階でライブやトークイベントなどを開催したりしています。

近頃では雑誌の対談場所として提供することもあり、昨年発売されたアエラムック『星野源 音楽の話をしよう』(朝日新聞出版)ではなんと表紙を飾っています!

星野源さんが座ったカウンター席に「巡礼」するファンも少なくないのだとか……。

ここで、「ここはカフェなのか?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

確かに、「KAKULULU」は不思議な場所なのです。ブラジル料理があり、コーヒーと美味しいスイーツがあり、お酒もあり、音楽、本、アートもあり、時によって「KAKULULU」はカフェとなり、バーとなり、ライブ会場となり、アートスペースや取材場所となるのです。

店主の高橋さんは「なんでもある」ことこそがカフェの醍醐味だとおっしゃいます。

あえて「こういうところ」だときっちり定義しないゆるさを持ち続けて営業を続けているのだそうです。

「KAKULULU」は、訪れる人々によって価値が変わる空間で、それぞれがそれぞれの時間に浸り、居心地良さを感じられる場所なのです。

それはまるで子どもの頃に作った「秘密基地」のようだな、と思いました。

筆者も美味しいごはんをいただき、高橋さんにお話を伺いながらひとりの時間に浸り、リラックスしたひとときを過ごすことができました。

池袋でお買い物や用事を済ませ、ちょっとした休憩場所を探している方。

ひとりの時間にゆっくり浸りたい方。

飲み会の前後で、ちょっと一杯やりたいな……と思っている方。

音楽、アート、本が好きな方。

「ムケッカ」ってなんだ? 美味しそう! と思った方。

ぜひ一度、「KAKULULU」を訪れてみてくださいね。

《池袋住民が紹介する 本当は教えたくない「秘密基地」みたいなカフェ》

・COFFEE MUSIC GALLERY 「KAKULULU」

〒170−0013 東京都豊島区東池袋4−29−6 三角ビル1階有楽町線「東池袋駅」徒歩3分、「池袋駅」東口から徒歩12分 電話:03−6907−0652

営業時間:火曜・水曜 11:30−17:00 木曜・金曜・土曜 11:30−23:00 ランチタイム:11:30−15:00 定休日:月曜・日曜・祝日

※プチ情報 「土曜日の夜」が穴場な時間帯だそうです! ※イベント情報は公式サイト・SNSをご確認ください

「KAKULULU」公式ホームページ

公式ツイッター

記事:笹川 真莉菜

<<WACCA池袋>>

HP http://wacca.tokyo/

Instagram https://www.instagram.com/instagramjapan/?hl=ja

Twitter https://twitter.com/waccaikebukuro