IMG_2844

池袋限定ヨロミヤ派、暫定チャンピオン決定!イケフクロウ土産

相手のヨロコブ姿を想像できてこそ、「ヨロミヤ」。さらに、目の前でお贈りした相手がもろ手を挙げてヨロコビに全身をわなわな震わせてこそ「ヨロミヤ」。もっといえば「お金を払うから、また買ってきて欲しいワ」とか「どこに売ってるの店の場所教えて今度ずぇったい買いに行くワ」などとヨロコビトークをされてしまうと、使ったお金など忘却の彼方に行ってしまいます。それでこそ「ヨロミヤ」冥利に尽きるというものです。

「つまらないものですが…。(本当はつまらなくなないよ)」
「そんな気を遣わないで、いやぁ、ありがとうござますね。」
「美味しい池袋限定のスウィーツなんですよ(へへ、驚くなよ)」
「あらま、ウレシいワ、早速、温かいもの用意するわね、コーヒーと紅茶どちらがよろしいですか?」
「そんなお気を遣わないでください、じゃあコーヒーで。(しめしめ、これで驚きの表情が観察できる)」
飲み物の準備が整い、包装紙を丁寧にゆっくり剥がし、真っ白な箱を開けてそぉっと中身を見る。
「わわわ、かわいいっ!食べるのがもったいなーい!どぉしましょ」
ここはプチ興奮する相手を賢者の気分で眺めましょう。も、この段階でおみやげ勝利を確信できているのですが、まだまだ、まだぐぅっと堪えて「そんな大袈裟な」などとほくそ笑み、お皿に移すのを手伝ってあげましょう。鷹揚なのが肝心です。
「写メ、写メ、写メを撮らなきゃ、ダメよね」ここまでくれば勝利です。バタつき興奮状態に昇りつめていく相手を冷静に観察しながら、小指を立ててコーヒーをすぅっと頂きましょう。相手と一緒に興奮してはいけません。あくまでも、うふふと鷹揚に構えておきましょう。気品こそ貴賓になれるのです。(笑)

では、プチ興奮状態に陥れる「ヨロミヤ」をご紹介しましょう。
目指すは、池袋駅メトロポリタン口徒歩1分にあるメトロポリタンホテルのインショップ「ペストリー&ベーカリーブティック」。名前が豪華ですね。ブティックですよ、ブティック。気になって調べてみたらフランス語「小さな店」という意味らしいのですが、日本人のイメージからすると高級感漂いっぱなしという感じですね。

IMG_2788
で、ホテルの前で「ペストリー&ベーカリーブティック」なる店を看板で探すがどこにも見当たりません。う、ガセネタかと訝しんでみるがずぅんずぅんホテルに入ってみました。(ホテルのない案内にも表示されていません、でもご安心を。)

IMG_2790
ブティック、ありました。ホテルに入って右側に大きなカフェがあるのですが、その前にブティックはひっそり佇んでいました。確かにブティック(小さなお店)です。で、気さくな女性スタッフとお話ししながら、最高級の「ヨロミヤ」を手に入れることができました。金額はひとつ480円。ヨロコンでいただけるなら、安い買い物かなぁ、などと思い店をでました。

めでたし、めでたし。と、手に入れたブツをここで、どぉ〜んと紹介したいのですが。
大事件が発生したのです。

小春日和だし、こんな日は、自転車散歩かなぁなどと、かのメトロポリタンホテル池袋まで、ペダルを漕いで向かったのです。

ホテルに着き、駐輪場を探したのですが、さすが天下のメトロポリタンホテル池袋、駐輪場が見当たらないのです。ホテルだから、クルマで来る人の方が多いし、池袋駅メトロポリタン口から徒歩1分だから、自転車で来るお客さんは想定していないんだろうなと考え、さすがホテルの正面玄関に薄ら汚れた自転車を横付けするわけにもいかないし、駐輪場を探すのもめんどうなので、ホテルの脇の歩道にそぉっと違法駐輪をしました。

で、ブツをほくそ笑み買いし、部屋に帰って写真を撮って、コーヒーを淹れて早く食べたいなと、自転車の前かごに、そぉっとそぉっと赤ちゃんをあやすように、優しくゆっくり入れました。自転車は、道交法上、車両です。当然、車道を走るものです。とはいえ、前かごには、赤ちゃんより繊細な「ペストリー&ベーカリーブティック」のスウィーツが入っています。早く食べたいと、気がせくのを抑え、車道をゆっくり飛ばしたのです。

ここで、大事件が発生!

目の前にタクシーが急停車。思わずハンドルを左に切り、歩道へ。すると歩道には、赤ちゃんの乗ったバギーとママ。急ブレーキ、車道と歩道の段差。ドンっ!前かごのブツは、腰を浮かし、跳ね上がったのです。赤ちゃん&ママには、まったく触れることもなかったのですが「すいません」と頭を下げたのですが、気になるのは「ヨロミヤ」。

で、あたふたしながら、部屋に戻り、箱を開けてみると。ショック!スウィーツバラバラ殺人事件です。なんとなく、ドンっ!で予測はしていたのですが。この有様です。なにがなんだか、「写メ、写メ、写メを撮らなきゃ」も吹っ飛んでしまいました。

IMG_2839
こんなことで、めげていてはいけないと発奮して、ピンセットを用意し、原型を思い出しながらこんな感じじゃなかったかなぁと再構成したのが、こちらです。なんか、ちょっと怖い「イケフクロウ」になってしまいました。フクロウといえばフクロウだし、もっと繊細だったような気もするし、カワイクないよねと、悩むこと数分。

そうだ、ネットで原型を探そうと思いつき必死で見つけ出しました。で、震える手でピンセットを持ち再現したのが、これです。我ながら、立派。ずいぶんとカワイクなりました。上の写真とは比較になりません。でも、なんかひょうきん過ぎて、繊細さに欠けているんですね。困ったものです。プロのパティシエの職人魂には敵いません。とはいえ、なんか、いい感じです。

IMG_2844
でも初めて会った時の、衝動と何かが違っています。すいません。
本物を見たい方は、ホテルメトロポリタン池袋のサイトをご参照ください。本当に繊細でカワイク美しいです。

愛らしいイケフクロウの肝心の味はというと、バニラムース&苺ゼリー。苺ゼリーが意味はないんですが、フクロウっぽくていいですよね。美味しいスウィーツの逸品です。

バラバラ殺人大事件で、すっかり落ち込んでしまい味の紹介がおろそかになってしまいましたが、味は太鼓判を押せます。しかもシーズンごとにデザインも味も変えていらっしゃるようです。今回ご紹介したフクロウケーキは、12月〜2月の池袋限定発売です。

小春日和だからといって、自転車でお買い求めに行くのは絶対に避けてください。最高の「ヨロミヤ」が、ただの笑いのネタになってしまいます。くれぐれもご購入は、クルマか徒歩でお願いします。

ペストリー&ベーカリーブティック
http://hotelmetropolitan.net/bakery.php
ふくろうケーキ 480円/予約可
場所 池袋メトロポリタン口徒歩1分メトロポリタンホテル1F
   東京都豊島区西池袋1-6-1
   03-3980-1111
営業時間 10:00〜22:00