建物概要

安心してくつろげる街の居間を目指して

building_1
WACCA IKEBUKURO(ワッカイケブクロ)は、地上8階地下4階建ての、サスティナブル(持続可能)を目指した環境配慮型施設です。外観デザインは、「つながり」をテーマに、木洩れ日が差す居間の様な憩いの場所を目指し「つながったすべての人とともに成長する」リーフ(葉)をモチーフにしています。
1階から4階までの吹き抜けは、光の色温度と明るさが時間により変化し、豊かな表情を生み出します。平面形状と、各階を繋ぐ吹き抜け空間が積み重なる事で、館内を歩くごとに発見が生まれる変化に富んだ空間。明るく開放的なWACCAのつながりを表現しました。

Low Emissivity(低放射)ガラス

WACCAの外装にはLow-Eペアガラスを採用。従来の複層ガラスに比べ断熱性能が高く、日射熱を約60%、紫外線を約80%カットし、冷暖房負荷を軽減することができる環境に優しい複層ガラスです。

ユニバーサルデザイン

building_2
障害を持った方々以外にも、子供から、妊婦、お年寄りまで。できるだけ多くの方が、限られたスペースの中で、より快適に利用できるような施設にすることを基本コンセプトに、山崎泰広氏のアドバイスのもとWACCAは設計されています。
ユニバーサルデザイン7原則
1.どんな人でも公平に使えること(公平な利用)
2.使う上での柔軟性があること(利用における柔軟性)
3.使い方が簡単で分かりやすいこと(単純で直感的な利用)
4.必要な情報がすぐに分かること(認知できる情報)
5.うっかりミスを許容できること(失敗に対する寛大さ)
6.身体への過度な負担を必要としないこと(少ない身体的な努力)
7.アクセスや利用のための十分なスペースと大きさが確保されていること(接近や利用の為のサイズと空間)
The Center for Universal Design, NC State University より
また、人の輪がつながるように楽しいデザインとすることを目指した館内のサインには、つながりを感じる、サイン誘導のモチーフ(輪っか=WACCA)をアレンジしています。

「世界一ハッピーな駐車場」へようこそ

building_3
WACCAの駐車場は、ループ状に下がる構造。
「明るく」「文字が大きく」「わかりやすいサイン」「感謝の気持ち」をコンセプトに、地下B1からB4に併設する駐車場は、ご使用いただくお客様にハッピーを感じていただくための仕掛けを盛り込みました。
building_4

駐車した場所が、覚えやすく見つけやすく階層ごとに色別に分けた柱には、写真家澤野新一朗氏の太陽をモチーフにした写真で、地下という閉塞感から解放しています。

  • ショップリスト
  • もうひとつのdaidokoro
  • フロアガイド
  • アクセス
  • 駐車場ガイド
  • 池袋スナップ
  • ヘルプ
  • 建物概要